ブラウザのPage Up Downのキーがおかしくなったときの対処

Palemoonブラウザの動きがおかしくなり、非常に不便をしていた。
調べてみるとキャレットブラウズモードというのになってしまったらしい。
検索して出てきたのは解消方法はFirefoxでのもので、Palemoonには同じ設定項目が見つからない。
原因が、IMEオフの時にF7を押すと入るモードだというので、やってみたら無事に直った。IMEオンの時にF7は良く使うのでオフ時に間違って触ってしまうのはあり得るから、またなってしまう危険がある。それでキャレットブラウズモードに入らないようにする設定を調べた。Firefox,Palemoon共通で
about:config から
accessibility.browsewithcaret_shortcut.enabled を探して、値をfalseに!

firefoxののソースを秀丸で見る

about:config から
view_source.editor.external を選択
「値」を「true」にする
次に同じくabout:configのままで
view_source.editor.path を選択
ダブルクリックで「文字列を入力してください」のポップアップが開くので、設定したいエディタ(=秀丸)のパス入力し「OK」

以上でソース表示のエディタの変更終了。
調べている途中で便利なショートカットが出てきたのでこれもメモ
ページのソースを表示:ctrl+U

Firefoxで日本語アドレスが使えない

久しぶりにFirefoxを使ってみると、以前に比べてメモリー消費が非常に減っていることが分かった。メモリ消費はPale Moonの方が少なかったので乗り換えていたが、2年前くらいからほぼ変わらなくなっていた。そして今回比べたら、大逆転! ということでFirefoxをメインブラウザに戻すことにした。しかし、素のままのFirefoxで日本語アドレスが文字化けしてが使えない。このサイトもそうなのに表示できずw

対処方法
アドレスバーにabout:configと入力
about:configの検索バーにnetwork.IDN_show_punycodeと入力
初期値がfalseになっているのでダブルクリックし、tureに変更