The battery cannot be identified

Dell の Inspiron1501 で、起動時に「The battery cannot be identified・・・」という警告が出るようになった。古い機種なのでバッテリーの寿命かもと思ったが、起動させてしまえばバッテリーは生きている。
念のために調べたら、またもこの機種固有の不具合であった。Dellのサイトから最新のBIOS(といっても2011年)をダウンロードしてインストールすれば簡単に直った。

alt+tabやポップアップの不具合修正

先日からサブマシンであるDELL INSPIRON1501の調子が悪くなっていた。
alt+tabで起動中のプログラムが移動できなかったり、クリックが効かなくなったり・・・。
タッチパッドのドライバーを入れ替えたりしても治らずかなり困っていた。検索しても中々同じ症状は見つからなかったのだが、「ポップアップがすぐ消える」で検索してやっと同じ症状発見。しかも同じ機種だった。固有の不具合のようだ。直し方は簡単で

Windowsシャットダウン
コンセント抜く
バッテリー外す
電源ボタンを何度か押す
バッテリー戻す
コンセントさす
Windows起動

これだけ。

こんなので治るのかと思ったが、完全に治った。