MTOSで他のドメインにサイトを出力

MTOSで作るブログの出力先をインストールしたMTOSと同じサーバーで他のドメインに指定する。
公開アドレス等の指定だけでは、CSSが反映されない。
mt-staticthemes-base
mt-staticthemes使用するテーマ
この中身を公開アドレスのルート以下にthemesなどというディレクトリを作り、そこにコピー。
スタイルシートのテンプレートを管理画面から
@import url(<$mt:BlogURL$>themes/blog.css);
@import url(<$mt:BlogURL$>themes/screen.css);
のようにコピーしたCSSを読み込むように修正し再構築するとCSSは反映する。

画像等のファイルアップロードはアップロード先が指定できたので問題なし。

これでMTOSの設置場所を隠してしまえばセキュリティー関連の問題はほぼなくなる。ただし、コメントやトラックバックを普通に受け付けるなら設置場所のアドレスがばれるので要注意。